Home » 事業計画 » PTA活動の支援事業

事業計画

島根県小・中学校「PTA活動」支援事業内規

1.目 的

この支援事業は、島根県PTA連合会の活動方針に基づいて取り組まれる県内各小・中学校PTAの特色ある事業を側面的に支援し、単位PTA活動並びにPTA連合会活動等の一層の充実と発展を図ることを目的とする。

2.事業総額

80万円

3.支援金額

3~10万円
会員数により、支援対象団体数は下記のとおりとする。

  • 「島後・島前」・・・1
  • 「松江・安来」・・・2
  • 「出雲・仁多・雲南・飯石」・・・2
  • 「浜田・大田・江津・邑智」・・・2
  • 「益田・鹿足」・・・1

4.支援対象団体

原則として単位PTA団体及び市郡PTA連合会とする。但し、小・中学校が連携して取り組むPTA活動や地域と連携して取り組むPTA活動であってもよい。

5.支援期間

当該年度の1年間とする。

6.支援PTA団体決定までの手順

  • (1)支援を受けたいPTA団体は、委員総会後、6月中に規定の予算書(様式1)及び活動計画書(様式2)により、市郡PTA連合会長あて申請する。(HP上に記載)
  • (2)市郡PTA連合会長は、地域別に7月10日までに審査会を開催し、県PTA連合会長(県PTA事務局)に推薦PTA団体を報告する。
  • (3)島根県PTA連合会長は夏季休業開始までに支援PTA団体を決定し、該当PTA団体長に通知する。
  • (4)通知を受けたPTA団体は、速やかに振込口座番号を島根県PTA連合会事務局まで報告する。
  • (5)報告された口座番号あてに島根県PTA連合会より支援給付金(削除)支援金を送付する。
  • (6)支援PTA団体は、2月10日までに決算書(様式3)及び活動報告書(様式4)に領収書と写真を添えて、島根県PTA連合会長あて報告する。
  • (7)支援事業の活動報告書は、2月の理事会に提出する。

7.この内規は平成19年4月1日より施行する

平成20年6月7日、一部改正する。

平成30年6月3日、一部改正する。

各様式一覧

PTA支援事業審査基準

1 評価の観点

① ① 島根県PTA連合会の活動方針に沿っていること。
② PTAの主管事業であること。
③ 学校・PTA・地域が協力・連携していること。
④ 子どもや保護者・地域に、事業の波及効果が期待されること。
【注意事項】
◎ PTA事業の中で、事業効果が高められるようにPTA本会計の中に支援金を含めて予算化し、活動計画を立てること。

2 審査方法

① 地区別に、それぞれ審査会を開く。
「隠岐地区」、「松江地区」、「出雲地区」、「浜田地区」、「益田地区」
  ※審査委員長は、各地区代表の副会長とする。
② 地区別に推薦順位を定めて、推薦書を県P連事務局へ報告する。
③ 3年ごとに内規の見直しを行うこととする。(新規)
※過去3年間に支援事業を受けたPTAを除く。

前のページへ戻る

ページの先頭へ